新宿呼吸器科口コミサイト

息苦しいと感じたら呼吸器科に行きましょう

*

呼吸器科を探すなら新宿で

現在アレルギーなどを原因とする呼吸器関連の悩みを抱えている人は非常に多いです。そのためかかりつけ医を始めとした呼吸器科を探している人は少なくありませんが、なかなか自身に合った医院を見つけることができないことがあります。そのような時に一度チェックしていただきたいのが新宿の呼吸器科です。新宿には非常に多くの人が生活しており、それらの需要を満たすべく様々な呼吸器科が営業を行っています。そのため立地や対応、医院の雰囲気といった自身の希望する条件に合った医院を簡単に見つけることができます。またセカンドオピニオンなども気軽に行うことが出来るのも大きな魅力です。現在呼吸器に関する悩みを抱えている方は、周りの医院だけで対応を完了させず、少し足を伸ばして新宿などで受診することを検討してみるのも一つの手と言えるでしょう。

SAS治療の新宿の呼吸器科クリニック

SASとは、睡眠時無呼吸症候群の事を指しますが、具体的には睡眠中に呼吸停止が何度が発生する症状になります。通常、大きなイビキを伴って、10秒以上呼吸が止まる無呼吸状態と、呼吸が弱くなる低呼吸状態を交互に繰り返すことになります。こうした症状が、1時間の中に5回以上発生すると、身体が低酸素状態に陥るので、大変危険な状態だと言えます。何故なら、低酸素状態の常態化は、心臓疾患や血管系の障害などに繋がるからで、生活習慣病が加わることで、深刻な病状に発展する可能性もあります。SASは、以前から高血圧症との関連性が示されており、心筋梗塞や狭心症との関わりが指摘されています。また、最近では此れら冠動脈疾患に加え、脳卒中を始めとする脳内疾患との関連性も明らかになりつつあります。その中で分かっていることは、SASがうつ病の要因になりやすい、ということです。即ち、身体が低酸素状態に陥ると、防衛本能が働くことになり、脳が覚醒状態になるわけです。その結果、充分な睡眠を取れなくなってしまうため、倦怠感を感じやすくなると言えます。そして、日中に眠気を催すことになり、仕事や学習意欲が低下し、最終的にはうつ状態になるわけです。新宿には、こうしたことを解決する為の、呼吸器科のクリニックがあります。

新宿の呼吸器科について

昨今、アレルギーによる喘息や湿疹など肺に関わりのある症状が子供たちの間に多く見られます。食品添加物や大気汚染の影響などよく挙げられますが、新宿など都市で生活する以上なかなかそれらの全てを防ぐ事は難しいでしょう。アレルギー反応により体調が急激に悪化してしまう事もあり、対処が遅れてしまうと取り返しのつかない事になりかねません。呼吸困難などでは自力での回復が難しい場合があります。呼吸器科には専門の機械や薬などもあり、何よりも原因を知る事ができます。意外な事が症状に関わっていることもあるので、その場しのぎにせず、きちんと診てもらう事が大切です。アレルギー症状の出方は様々なので遅れて出てくるものなど、因果関係を自覚しづらいものを発見する事も出来るかもしれません。何となくだるいとか、気分がすぐれないなどの症状も呼吸器が関わっている場合があります。何か変だと思ったら一度受診することで気付く事があるかもしれません。

公開日: